被保険者向け定期健診

被保険者は1年に1度行われる定期健診を受けてください。

また、40~74歳の被保険者は特定健診を受けてください。

特定健診とは

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健診です。 特定健診の結果に基づいて特定保健指導を実施します。

対象者 40~74歳の被保険者及び被扶養者
実施方法 被保険者:事業主が実施する定期健診で実施されるため申請不要です。
被扶養者および任意継続被保険者:特定健診受診券及び全国巡回健診の案内を配付します。

特定保健指導とは

特定保健指導では、対象となった方が健診結果から自らの健康状態を理解し、生活習慣を改善するために医師や保健師、専門スタッフと一緒に行動目標を設定し実行するものです。

対象者 40~74歳の被保険者および被扶養者
特定健診の結果が特定保健指導に該当する方
備考 対象となった方には健康保険組合からご案内いたします

特定保健指導は、「動機付け支援」と「積極的支援」の 2 種類あり、健診の結果から支援の方法が異なります。

動機付け支援 生活習慣改善のための行動目標を立て、実行し継続していくためのサポート が受けられます。
・初回:面接による支援
・3ヶ月後:電話やメールなどで評価を行います。
積極的支援 生活習慣改善のための行動目標を立て、実行し継続していくためのサポートが受けられます。
・初回:面接による支援
・3ヶ月以上の定期的、継続的な支援
・3ヶ月後:電話やメールなどで評価を行います。

特定保健指導の判定基準

tokuho_img.png